そばかす 消す

そばかすを消す方法ってあるの?

そばかすは目立つしコンプレックスになります

そばかすって子どものころからある人と、大人になってからいきなり増え始めたって
人がいてなんでそばかすができてしまうのかわかりませんよね。

そばかすというものは、子どものころからある人と、大人になってからできた人とでは
実は原因が全く違います。

しかし、両方とも普段の生活を改善することでそばかすが増えることを阻止することもできます。

子どもの頃からできるそばかすは、ほとんどの場合が遺伝性のものです。
そばかすができやすい体質が遺伝してしまうのです。

色が隙い通るように白い女性にそばかすは遺伝しやすいといわれています。

思春期の頃にできはじめますが、思春期が終わる頃には消えてきますので
特に治療等は必要ありません。

でも、一番気になる年頃にそばかすができてしまうと気になりますよね。

ロスミンローヤルでシミ・しわ対策をしませんか?

大人になってからできてしまうそばかすは紫外線の影響や、肌のターンオーバーが乱れることが
原因として考えられています。

メラニン色素の沈着からそばかすが増えてしまうのです。

肌に強いストレスがあると、そばかすは増えてしまいますので、過剰なスキンケアや肌をごしごしこするといったことが原因となってしまいます。

また、疲労や睡眠不足もそばかすの原因となってしまいますよ。

消す方法ってどういうものがあるのでしょうか

様々な美白化粧品がありますが、そばかすは美白化粧品では
消すことができずに、皮膚科でレーザー治療や光治療をするしかありません。

思春期にできたそばかすは、徐々に大人になると目立たなくはなりますが
完全に消すことはできないのです。

レーザー治療はピンポイントで消したいそばかすに対して有効です。

レーザー治療を行った後は紫外線に弱くなるので、必ず肌の状態が落ち着くまでは
紫外線対策が必要になります。

日焼け止めクリームを塗ってマスクなどで顔を覆ってあげるといいでしょう。

紫外線がきつくない時期にレーザー治療をするのも良いと思います。

光治療は、広範囲のそばかすに効果があります。

一時的にそばかすが濃くなるのですが、1週間ほどで肌の状態は落ち着いてきます。

1度で広範囲のそばかすに対応することができますので、そばかす治療には光治療が
お勧めと言われていますが肌の状態が落ち着くまでにはやはり紫外線対策は必要です。

新しいそばかすを作らないためには、自宅で美白化粧品を使うと良いでしょう。

できてしまったそばかすには効果はあまりありませんが
予防対策としては美白化粧品は効果を発揮します。

メラニンの生成を抑える働きがあるので、今以上にそばかすをふや差ないようにするという意味で
美白化粧品は効果を発揮するので対策をしましょう。